自分は遺伝的にハゲやすいのか!?

昔から「ハゲは遺伝する」と言われています。

これ、実は迷信なんかではなくれっきとした事実なんです。

もしアナタのお父さんやおじいさん、あるいは親戚の中に髪の毛が薄い人がいたら、アナタ自身もハゲの遺伝子を受け継いだ可能性がありますよ…。

AGAの原因の一つと言われているのが発毛を催すホルモン「テストステロン」と酵素の一種「5αリダクターゼ」が結びつき産出される「ジヒドロテストステロン(DHT)」です。

DHTが発毛を抑制しAGAを進行させる最大の要因となっているのです。

この5αリダクターゼやDHTの産出量はそもそも個人差があるのですが、その個人差こそ、遺伝的要素によって発生しやすいのです。

遺伝的に5αリダクターゼやDHTが産出されやすい人は、結果的にハゲやすい、つまりAGAになりやすい傾向にあるのです。

「もしや自分も遺伝的にハゲるのでは…」そう心配している方も多いと思います。

そんな方は…、病院でAGAの遺伝検査をしてみてはどうでしょう?検査自体は病院で髪の毛を採取して一ヶ月程度待つのみです…。

検査費用はおおよそ2万円程度と、決して安い金額ではないですが、予め自分が遺伝的にハゲやすいことを知ることができれば、ハゲる前にそれ相応の対策を取ることも十分可能になるはずです。

一度受けたら再検査する必要もありませんので、自分が遺伝的にハゲやすいのかどう気になっている方は、思い切って一度検査してもらうことをオススメしますよ!

AGAお役だちガイド